レイトン教授VS逆転裁判 攻略

9章 最後の検察士

スポンサーリンク
正体と役割私は…≪指令≫にしたがうだけなのです。
他のことは…なにもわかりません。
ゆさぶる
今日の午後、小雨の中。私は…
自警団の横を通って、鐘楼で待機しました。
ゆさぶる
(選択肢)さらにゆさぶる
≪スガタを消すローブ≫をまとっていたので
…見とがめられることはありませんでした。
つきつける「コムギ粉まみれのローブ」
鐘楼の上で起こったことなんとか逃れようと抵抗して…なにかを
握りしめて、引きちぎったような…
つきつける「ペンダント」
後ろから襲われて、ウデをつかまれ、クチも
ふさがれ、身動きができなくて…
つきつける「ペンダント」
鐘楼の2階で…≪パトネル≫の呪文が
聞こえて、ハッとして振り向きましたが…
つきつける・魔法大全「パトネル」
(選択肢)他の手段が使われた
(人物選択)ジョドーラ
(選択肢)ジョドーラ自身
(ポイント選択)

<セーブポイント>

事件当時のこと存在を知られてはならぬ理由があったゆえ、
10人の自警団の目を盗んだわけだが…
ゆさぶる
↑のゆさぶりから「といつめる」マーダラ
(選択肢)非常に気になる
階段を上ると、そこに背を向けてたたずむ
≪クセ者≫を発見したので、とらえたまでだ。
つきつける「見えないローブ」
鐘楼の階段に、小さなつま先の≪足跡≫を
見つけたので、調べてみることにした。
ゆさぶる
(選択肢)非常に気になる
残された“つま先”のドロの跡を、可能な
かぎりなぞるように、階段を上ったのだ。
つきつける「足跡のスケッチ」
(証拠を提示)足跡のスケッチ
ヨーマヨーマは、この町をウラ側から支えている。
私は、そこで≪大魔女≫と呼ばれる存在だ。
ゆさぶる
ヨーマとして“森の住人”になるのは
≪魔女裁判≫で火刑に処された者達なのだ。
ゆさぶる
ヨーマは、大魔女様からいただく≪指令≫を
忠実に遂行するために存在するのです…
ゆさぶる
ジョドーラ様は、私たちヨーマに≪指令≫を
くださる、それは偉大な大魔女様でした…
ゆさぶる
私たちは≪魔女≫ではありません。そして
…もちろん、“幽霊”でもありません…
ゆさぶる
ウィッチオルデの森の住人、ヨーマの
“目的”は…ただ、ひとつしかない。
つきつける・魔法大全
(ページはどこでもOK)
(証言の選択)マーダラ『ジョドーラ様は、私たちヨーマに…』
(人物選択)ストーリーテラー
(選択肢)裏切り

⇒終章へ

スポンサーリンク

| レイトン教授VS逆転裁判攻略 | ページTOP |