レイトン教授VS逆転裁判 攻略

8章 最後の魔女裁判(裁判)

スポンサーリンク
事件について(ひと通りゆさぶる)ひと通りの証言をゆさぶると黒猫(クローネ)出現
雨が上がった、夕刻…私は、あの鐘楼の
木の階段を上って“行進”を待ちました。
つきつける「自警団の警備記録」
…やっと気づいたのです。
私の中に≪ベーゼラ≫が眠っていたことに。
ゆさぶる
↑のゆさぶりから「といつめる」クローネ
クローネはいつもどおり、わたしの後ろから
トコトコ歩いてついてきてくれました。
つきつける「足跡のスケッチ」
ワレワレの警備なのに、コツゼンと≪足跡≫は現れた。
だから、目にしたとき“魔女”だと思った。
ゆさぶる
雨はキライ。鋼鉄のヒールがよごれるし、
ふわふわのメロメロの髪が、しんなりするし。
ゆさぶる
この、ンパカパポコルペヌ。ちゃんと
クセモノに立ち向かって、逃げなかったぞ!
ゆさぶる
↑のゆさぶりから「といつめる」左端の団長
↑の問い詰めから更に「といつめる」ボロゾーキン
コツゼンと現れた、あのドロの跡を見て…
メロメロの、トガった足跡だと思ったのさ。
つきつける「足跡のスケッチ」
(選択肢)どちらも正しい
(証拠品の提示)コムギ粉まみれのローブ
ワレワレの活躍あの子が捕らえられたとき。鐘楼には、
隠れられる場所は、どこにもなかったの。
つきつける「鐘楼の見取り図」
(ポイント選択)最上階:鐘ノ間
現場には、もうひとりの“魔女”なんて
いなかった。…ハッキリ断言できます。
ゆさぶる
↑のゆさぶりから「といつめる」右端の老人
あのとき…ワシは、たしかに聞いたのだ。
オンナのすすり泣くような、細い音をば。
つきつける「機械パネル」
(証拠品の提示)ペンダント
(ナゾトキ)ナゾ64
(正解できない)
(選択肢)異議を申し立てる
(選択肢)マホーネ自身
(ポイント選択)腕のブレスレット
(ナゾトキ)ナゾ64を解く

⇒8章・後半へ

スポンサーリンク

| レイトン教授VS逆転裁判攻略 | ページTOP |