真かまいたちの夜 11人目の訪問者 攻略

ミステリー編(真相END)

とりあえず以下の通りに選択肢を選べば、スタッフロールが流れるエンディングにたどり着くことができ、エンディング後に「ピンクのしおり」を回収することができます。
ポイントは22章の選択肢『疲れた……』で「(B)もう一度風呂に入って身体を休めよう。」を選ぶこと。 ただし、そこに至るまでの選択が条件を満たしていないと、BAD ENDへとシナリオが分岐してしまうので注意。 (特に重要と思われるのは直前の風呂場とテラスでの選択肢)

選択イベント名選択するもの
2章どうして、こんなところに?(A) 「気ままな一人旅だよ」
恋のライバル?(A) そう思いつつも、普通に握手した。
3章フロントにて(B) アンティーク感たっぷりの柱時計に目をやった。
写真を見て(A) 座敷わらしといわれれば、そうも見える。
4章熟年紳士への返事(A) 「ほんとに冷えますね」礼儀正しく返事した。
ラウンジの調査ポスター
面倒回避(A) 僕は咳払いをしてごまかした。
5章夕食までどうする?(A) さっそく小説を書こう。
オーモリ突進!(A) 「ちょっと、あんた!」男の肩に手をかけた。
京香に質問(A) 「さっきの男の人のことだけど」
6章池谷と二人きり(A) 「……あれ、これは?」カウンターの片隅に置いてあるスポーツバッグを指さした。
7章サプライズ・パーティー(A) ……が、僕はそこまで無邪気になれなかった。
赤い人影(A) 「なんだろう。気になるな……」僕は正体が知りたくなった。
8章部屋が足りない(A) 「あのさ、相部屋ってのはどうかな?」
9章卯子酉様知ってる?(B) 「もちろん」 胸を張った。
今でも小説(A) 「……なんで知ってるの?」
小説を書く力(B) 「やっぱり、運がないんだよな……」
白銅(A) 「だまされたと思って読んでみなよ」
10章妖怪(B) 「そういえば僕たち、赤い人影を見ましたよ」
いい夫婦の日(A) なるほど、とうなずいた。
11章黒井に(C) とりあえず、警戒しつつも、黙っていた。
池谷の席(A) 「あ、どうぞどうぞ」 僕は腰を浮かせ、ひとつ右隣に移動した。
12章手相(A) 「どうすれば、なくさずにすみますか?」
気を失った雪乃(B) 「救急車を呼びましょう」 この吹雪の中、車を出すのは危険だ。僕は救急車を呼ぶことを提案した。
窓の外に見たものは(A) 「彼女、何を見たのかな?」 僕は京香ちゃんに訊ねてみた。
14章雪乃ちゃん危うし?(B) ある確信のもと、あえて何もしなかった。
15章風呂に誘う(C) だれも誘わないでおこう。
まさか、湯の中に!?(C) ……いや、そうだろうか?
17章赤城さんの家族へ(C) 他のことを考えていた。
201号室の調査ウェルカムカード
18章午後8時半(B) 重苦しい沈黙に耐えられず、口を開いた。
犯人がとどまる理由(B) ピンと来たので、言った。「わかるよ」
19章作家なのお?(B) 「いや、そういうわけじゃ……」 僕は正直に答えた。
黒井が犯人か?(B) だが、どこか釈然としない。
20章雪乃とマスターキー(A) さては、雪乃ちゃんが盗んだ?
なぜマスターキーを?(A) 入りたい部屋があったのだろうか?
赤い座敷わらし(A) 何が赤いのだろう。
21章触れられたくない過去(C) 大学受験で……
男湯の調査壁や垣
殺人の痕跡(A) 女湯から男湯に遺体を移動させたなんて、どう考えたってありえない。(重要)
22章テラスの調査
雪乃が見たものは?(C) とくに怪しいものは見あたらない。ここに殺人犯がいたとは到底思えない。(重要)
疲れた……
(ここで分岐)
(B) もう一度風呂に入って身体を休めよう。
風呂に入りたい(A) え、服を着たまま?
雪乃の様子(B) 雪乃ちゃんは風呂に入る目的で風呂場に行ったのではなかった。
≪髪の毛がしっとりと濡れていた≫
≪カーディガンのボタンがすべて留まっていた≫
遺体の移動(B) 女湯に遺体はなかったんですよ。
どうして男湯に?(B) 雪乃ちゃんは男湯に用事があったんだ
雪乃はどこを見ていた?(A) 食堂の中のどこかです
雪乃は誰を見たのか?うかい
(↑答えはドラッグして反転)
雪乃の正体(B) 雪乃ちゃんは宿泊客ではなかった。
≪来たときはいつも208号室に宿泊≫
≪接客する京香を手伝いたがっていた≫
烏飼のミス(A) キーホルダーの人形は「こけし」ではなく「座敷わらし」
≪キーホルダーの人形をこけしと言った≫
≪カウンターに飾ってあった女の子の人形≫
金庫暗証番号入力8910
(↑答えはドラッグして反転)

エンディング後に「ピンクのしおり」を入手。
なお、エンディング名は「完 青空に向かって」(No.54)。

攻略チャートTOPへ

| 真かまいたちの夜 攻略TOP | ページTOP |