大逆転裁判2 成歩堂龍ノ介の覺悟 攻略

スポンサーリンク

第2話 吾輩と霧の夜の回想(2/5)

探偵パート1 | 法廷パート1
探偵パート2 | 法廷パート2 | 法廷パート3

〜事件当夜の吾輩〜

ストリキニーネは遅行性の毒だ。飲んでも、すぐに死ぬわけじゃない。

⇒ゆさぶる

被害者は、カギをかけることができた。・・・・なんの問題もないですな。

⇒つきつける「被害者の診断記録」

〜冬の夜の惨劇〜

雪の夜のこと。かの隣人は、紅き茶を持ちて、我が部屋を訪れた。

⇒ゆさぶる

その紅き茶は・・・・ニガかった。隣人は去り、我は小卓に突っ伏したッ!

⇒ゆさぶる

あの晩。我がノドを通ったのは、ただただ、その妖しく紅き茶のみ・・・・

⇒ゆさぶる

あっしは、凍りつく窓のソトで一晩中、コイツの部屋の中を見張ってましたがね。

⇒ゆさぶる

あの晩。コイツの部屋に来た客人は、背が低くて猫背の東洋人だけでしたぜ。

⇒ゆさぶる

〜陪審員の主張〜

(1ゴウ)被害者は、貧しくとも高潔な正直者だ!疑う理由など、なにヒトツありませんな。

⇒ゆさぶる(主張が変化)

(4ゴウ)ノッポのカレが“インチキ野郎”だって証拠はないし・・・・今のトコロはまだ、ね。

⇒ゆさぶる(主張が変化)

(4ゴウ)被害者ヅラをしていようと、そうちうの正体は、憎むべき瓦斯泥棒ですわ。

ぶつける>1号の主張

〜アルタモント瓦斯会社の調査〜

ところが。ペテンシーの部屋の計器には、硬貨が1枚も入っていないのですわ!

⇒ゆさぶる

<証拠品の詳細調査>
法廷記録の「瓦斯計量機」から、下側にある小さな穴を調べて、データ更新しておく。

計器には、細工された形跡もないし、合いカギは検査人にしか持たせていない。

⇒つきつける「瓦斯計量器」

<選択肢>
この計器の“仕組み”について確認させていただきたいのは・・・・

⇒硬貨を見分ける方法

<証拠品の詳細調査>
法廷記録の「石鹸」から、裏側にあるくぼみを調べて、データ更新しておく。

3ペンス硬貨の大きさと厚みを検出する計器をごまかす手段など、ありませんわ。

⇒つきつける「石鹸」

<ポイント選択>
この、セッケン・・・・重要なのは、この部分なのです!

⇒裏側のくぼみ

<ポイント選択>
ニセ硬貨を、計器から“消失”させた方法を示す≪痕跡≫とは・・・・!

⇒下側の小さな穴

<証拠品の提示>
ペテンシー氏が、氷の硬貨で瓦斯を盗んでいたことを示す≪証拠≫は・・・・!

⇒現場写真

<選択肢>
新しい“可能性”は、何もなかった。・・・・本当に、そうだったのか・・・・?

⇒異議を申し立てる(※どちらを選んでもかまわない)

<選択肢>
今ならば。≪検証≫することができる“事実”がある。それは・・・・

⇒紅茶に毒は入っていた?

<証拠品の提示>
現場に残っていたという、被告人の紅茶。・・・・その在処を示す≪証拠品≫とは!

⇒石鹸

→NEXT

スポンサーリンク

| 大逆転裁判2攻略TOP | ページTOP |