大逆転裁判2 成歩堂龍ノ介の覺悟 攻略

スポンサーリンク

第1話 弁護少女の覚醒と冒險(2/2)

法廷パート1 | 法廷パート2

〜写真機ごしに見た真実〜

次の瞬間。女学生は小刀を抜き出し、英国女を引き倒して背中をグッサリと!

⇒ゆさぶる
(「事件現場の上面図」が追加)

<証拠品の詳細調査>
法廷記録から「万年筆」を「くわしく」調べる。
キャップとは反対側の先端部分にある「記章」を調べておく。

小屋にも入らず、英国女と会ってもない。・・・・マメモミは≪観察者≫だったのです。

⇒つきつける「万年筆」

<ポイント選択>
万年筆に隠された“手がかり”・・・・その持ち主を示す『コンキョ』とは!

⇒先端(キャップと反対側)にある記章をつきつける

〜証人たちの“隠しごと”〜

その時。この文士殿は、倒れた英国女にある重要な≪質問≫をしたのですね。

⇒ゆさぶる(証言変化)

ただ。震える指を上げて・・・・その。被告人を指さしたように見えました。

⇒ゆさぶる

<選択肢>
真犯人は、どこから・・・・そしてどうやって、被害者を刺したのか!

⇒“立証”はできる

<ポイント選択>
被害者が刺された、その瞬間・・・・その者は、どこに姿を隠していたのか!

⇒小屋の外、図の壁の左側

<証拠品の提示>
小屋の外側にいた者が、被害者を刺した“方法”を示す≪証拠≫とは・・・・!

⇒現場写真

<ポイント選択>
この≪写真≫に撮影されている犯行の≪痕跡≫とは・・・・!

⇒中央上部にある、壁の裂け目

〜≪絶対無実≫の根拠〜

あのとき。女学生と英国女の口論を聞いて・・・・ハラが立ちました。

⇒ゆさぶる(証言追加)

ワトソン教授は関係ありません!盗まれた≪毒≫のハナシをしたのです。

⇒ゆさぶる(証言追加)

とにかく!≪毒≫を飲ませた者がもう一度“刺す”理由など、あり得ない!

⇒つきつける「毒薬の記事」

<証拠品の詳細調査>
法廷記録から「万年筆」を「くわしく」調べておく。
(1) キャップを調べて、キャップを取る。
(2) キャップの先に近い部分を調べて、分解する。
(3) 開いた部分を調べると、証拠品のデータ更新。

<証拠品の提示>
事件当日。この証人が≪毒≫を盗み出した方法を示す≪証拠≫とは!

⇒万年筆
(※事前に上記の詳細調査をしておく必要あり)

<証拠品の提示>
この証人が、万年筆を使って≪毒≫を盗んだことを立証する≪証拠≫とは!

⇒試薬

⇒第2話へ

スポンサーリンク

| 大逆転裁判2攻略TOP | ページTOP |