大逆転裁判 成歩堂龍ノ介の冒險 攻略

スポンサーリンク

第3話 疾走する密室の冒險(2/3)

探偵パート1 | 法廷パート1&2 | 法廷パート3

〜目撃したこと〜

あれは・・・・あの晩の最終便で、お客も少なくて・・・・よく覚えていますです。

⇒ゆさぶる

馬車の中の座席には、あの被告人と被害者の2人が、並んで座っておった。

⇒ゆさぶる

すると・・・・被告人が、いきなりドテっ腹をナイフで刺したのですよ!

⇒ゆさぶる

たしかに・・・・ナイフが刺さってました!ボク。思わず、悲鳴を上げちゃって・・・・

⇒ゆさぶる

その悲鳴に驚いて、馬車を止めて・・・・わ。ワシも、その。見ちまったです!

⇒ゆさぶる

<選択肢>
・・・・≪最終弁論≫・・・・ぼくたちに残された、最後の“権利”・・・・

⇒権利を主張する

〜陪審員の主張〜

乗客が4名で、儲けが20ペンス・・・・あの御者の記憶は細かく、信用できます。

⇒ぶつける>5号の主張

アイツ、トナリに座ってたヤツをこう、刺したんだ・・・・オレでもやらねえぜ!

⇒ぶつける>6号の主張
その後の選択肢は「あり得ない」
さらに、『遺体解剖記録』をつきつける

〜いくつかの“ギモン”〜

ええと。ワシは・・・・その。刺したと・・・・思いますです、ハイ。

⇒ゆさぶる>真ん中の紳士をといつめる

<選択肢>
『たまたま、犯行の≪瞬間≫が目に入った』・・・・どうなんだろう?

⇒あるワケがない →証言追加

ナイフで刺したあとの、血にまみれたあの両手・・・・忘れるものかッ!

⇒つきつける「被告人の革手袋」

<選択肢>
彼が、ウソの目撃証言をした“理由”を示す≪証拠≫・・・・

⇒≪証拠≫はある

<証拠品の詳細>

法廷記録から「顧客帳簿」を選び、詳細画面で帳簿を開き、その内部を調べておく

<証拠の提示>
この≪証人≫が、ウソの目撃証言をする“可能性”を示す≪証拠品≫とは・・・・!

⇒顧客帳簿

〜本当に見たこと〜

いずれにせよ。馬車に、他の客がいたのなら、私たちに見えないハズがない!

つきつける「乗合馬車」

<ポイント選択>
乗合馬車の車内・・・・他に乗客が存在した可能性のある場所とは!

⇒内部右側の座席

<選択肢>
証人たちの“死角”にあった座席。そこにいたかもしれない人物・・・・

⇒心当たりはある

<人物選択>
馬車の中・・・・その≪死角≫となった席に座っていたと考えられる人物とは!

⇒コゼニー・メグンダル

<選択肢>
メグンダルさん自身の≪証言≫。・・・・どうするべきだろう?

⇒要求する

→NEXT

スポンサーリンク

| 大逆転裁判 攻略TOP | ページTOP |