原種戦の基本

スポンサーリンク

本体の残りHPが一定数値以下になると原種の接近ムービーが入る。その直前どんなに大ダメージを与えていた場合でも、ムービー後HPはこの数値から再開するため、TPやエーテルを無駄遣いしないようにしましょう。

破壊したパーツにターンが回るとHPが半減した状態で復活するが、パーツはそのターンには攻撃してこない。破壊したパーツが復活するのは特に気にせず、次の攻撃ターンまでにオーバードライブをからめた全体攻撃で再び破壊してしまえばいい。

ノックバック効果で敵(特に原種本体)にターンを回さないことが重要。ただし、敵のノックバックには限度があるので、完全に行動を妨害するのは困難。敵にターンが回ったり接近ムービーが入った後は、再びノックバックが決まるようになる。

エーテルチャージを多用して、攻撃は基本的にオーバードライブ状態(※)で行いましょう。通常状態で攻撃するのはノックバック効果で行動順を調整するような場合のみ。

サポータースキルにはエーテル増加の効果もある。メインの効果よりもこっちの効果の方が重要かもしれない。

ストーリーが進むと使えるアクティブコマンドが増えていく。管理人が頻繁に使ったのはガード(→)と時間操作(↓)。難易度HARDでもプレイしましたが、他の2つはほとんど使う場面がありませんでした。

(※) オーバードライブによる連続行動によって、MPが節約できるだけでなくスキルの威力もアップする。
連続行動の1発目は通常威力と変わらないが、2〜4発目のスキルは威力が倍増。
おおむね、2発目は通常時の1.5倍、4発目は通常時の2倍ほどの威力がある。

その他TOP

スポンサーリンク

| BLUE REFLECTION攻略 | ページTOP |